スポンサーサイト

  • 2016.03.19 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


調剤薬局事務と医療事務の違い

調剤薬局事務と医療事務の違いは技能認定試験と受講する通信教育校講座になります。

点数算定や作成と点検をするレセプトも異なります。

JSMA(技能認定振興協会)のサイトを覗いてみませんか。

医療事務管理士(医科・歯科)と調剤事務管理士の認定資格が紹介してあります。

「がくぶん」には医療事務講座と調剤薬局事務の通信講座があります。

医療事務管理士のメインの職場は病院・診療所・歯科診療所になります。

調剤事務管理士のメインの職場は保険薬局と調剤をしている病院・診療所になります。

医療事務管理士資格者の仕事は、保険診療点数算定・診療報酬明細書(レセプト)の作成&点検をメインにした総務的な事務仕事になります。

調剤事務管理士資格者の仕事は、保険調剤点数算定・調剤報酬明細書の作成&点検メインにした事務仕事です。

次に、調剤薬局事務と医療事務の違いの紹介をします。

1)「がくぶん」の調剤薬局事務講座

調剤薬局事務と医療事務の違いを紹介します。

「がくぶん」の通信教育講座には調剤薬局事務講座と医療事務講座があります。

「がくぶん」の調剤薬局事務講座を受講してJSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士技能認定の学科試験と実技試験に合格すれば調剤事務管理士として認められます。

調剤事務管理士になればソラストにスタッフ登録ができます。

「がくぶん」の調剤薬局事務講座の標準受講期間は約3ヶ月です。

標準受講期間の3ヶ月を超えても受講できるので家事や育児に忙しい女性でも通信教育講座を進められます。

2)「がくぶん」の医療事務講座

調剤薬局事務と医療事務の違いを紹介します。

「がくぶん」の医療事務講座を受講してJSMA(技能認定振興協会)の医療事務管理士技能認定の学科試験と実技試験に合格すれば医療事務管理士として認められます。

医療事務管理士になればソラストにスタッフ登録ができます。

「がくぶん」の医療事務管理士の標準受講期間は約6ヶ月です。

標準受講期間の6ヶ月で多くの受講生は医療事務管理士になります。

3)合格率の違い

JSMA(技能認定振興協会)で紹介して、調剤薬局事務と医療事務の合格率の違いを紹介します。

JSMA(技能認定振興協会)の医療事務管理士(医科・歯科)の合格率は50%程度です。

技能認定は学科試験と実技試験が行われます。

JSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士技能認定試験の合格率は60%程度です。

技能認定は学科試験と実技試験が行われます。

「がくぶん」の医療事務講座と調剤薬局事務の通信講座を受講しませんか。

「がくぶん」の通信教育講座を受講すれば、JSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士技能認定の学科試験と実技試験をスムーズにクリアできます。

医療事務管理士の勤務先は病院・診療所で調剤事務管理士の勤務先は保険薬局・病院・診療所になります。





調剤薬局事務の魅力・メリット

調剤薬局事務の魅力・メリットは、家事や育児と両立して保険薬局・病院・診療所で稼げることです。

「がくぶん」の通信教育講座を利用すれば調剤事務管理士の資格を取得できます。

調剤事務管理士はJSMA(技能認定振興協会)が認定する民間資格ですが、保険調剤点数算定やレセプト(調剤報酬明細書)作成&点検の知識とノウハウを習得していることを証明します。

「がくぶん」調剤薬局事務の通信講座はJSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士技能認定の学科試験と実技試験に対応しています。

JSMA(技能認定振興協会)の認定講座である「がくぶん」の調剤薬局事務講座で学べば調剤事務管理士技能認定試験に合格できます。

「がくぶん」の通信教育の調剤薬局事務講座で学んで調剤事務管理士になればソラストにスタッフ登録して就業サポートを受けられます。

近所の保険薬局・病院・診療所で働きたいときには、ソラストへのスタッフ登録が役立ちます。

「がくぶん」の通信教育の調剤薬局事務講座を受講しませんか。

次に、調剤薬局事務の魅力・メリットを紹介します。

1)JSMAの資格のメリット

JSMA(技能認定振興協会)認定の調剤薬局事務の魅力・メリットは、全国の保険薬局・病院・診療所で認知されていることです。

調剤事務関係の資格は民間団体が認定する民間資格です。

医師・看護師・介護士のような公的資格ではありません。

民間資格ですが、医療保険制度・請求事務・保険調剤点数算定・レセプト(調剤報酬明細書)の作成&点検の知識とノウハウの証明する資格になります。

保険薬局・病院・診療所で調剤薬局事務スタッフとして働くときに役立ちます。

2)「がくぶん」のメリット

「がくぶん」の通信教育講座の調剤薬局事務の魅力・メリットを紹介します。

・「がくぶん」の調剤薬局事務講座はJSMA(技能認定振興協会)の認定講座です。

・通信教育講座内容は調剤事務管理士技能認定の学科試験と実技試験対策用です。

・通信教育講座なので通学不要です。家事や育児や会社勤務で通学制の講座に通えない女性におススメします。

・決められた講座時間がないので家事・育児・勤務の合間のスキマ時間を利用して学習を進められます。

3)ソラストのメリット

「がくぶん」の通信教育講座の調剤薬局事務の魅力・メリットはソラストの就業サポートを受けられることです。

ソラストは医療関係事業大手の企業です。

ソラストには全国の病院・診療所・歯科診療所に就業サポートしている実績があります。

保険薬局・病院・診療所に関係がある事業も行っています。

「がくぶん」の通信教育の調剤薬局事務講座を修了して調剤事務管理士になればソラストにスタッフ登録して就業サポートを受けられます。

「がくぶん」の調剤薬局事務の通信講座を受講して、JSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士の技能認定試験に合格すればソラストにスタッフ登録できます。

保険薬局・病院・診療所への就活にはソラストの就業サポートが役立ちます。





調剤薬局事務の給料・年収・初任給

調剤薬局事務の給料・年収・初任給は勤務スケジュールや就労スタイルで変わります。

調剤事務管理士はJSMA(技能認定振興協会)の認定資格です。

調剤事務管理士を取得した女性の多くは保険薬局・病院・診療所などの医療機関や支払基金・医事コンピュータシステム会社で働いています。

調剤事務管理士資格を取得するなら「がくぶん」をおススメします。調剤薬局事務の通信講座を選ぶなら「がくぶん」をおススメします。

「がくぶん」は伝統と実績がある通信教育機関です。

調剤事務管理士を認定するJSMA(技能認定振興協会)の認定講座です。

JSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士技能認定試験に対応した講座内容になっています。

「がくぶん」の調剤薬局事務講座を受講して調剤事務の知識とノウハウを取得しませんか。

次に、調剤薬局事務の給料・年収・初任給について考えます。

1)保険薬局の報酬

医療事務管理士資格を持つ女性は保険薬局・病院・診療所で働いています。

保険薬局・病院・診療所で働いている調剤薬局事務の給料・年収・初任給は、他の事務スタッフと同じです。

調剤事務管理士資格の所持が報酬アップに繋がることはありません。

調剤事務管理士資格は民間資格です。

国や公的機関が認める公的資格ではなく、JSMA(技能認定振興協会)が認定する資格です。

調剤事務の仕事には資格は不要ですが、調剤事務管理士資格は保険調剤点数算定・調剤報酬明細書(レセプト)作成・点検の知識とノウハウを取得していることを証明します。

2)企業での報酬

調剤事務管理士資格を持っている人が働いているのは保険薬局・病院・診療所だけではありません。

支払基金や医事コンピュータシステム会社でも活躍しています。

支払基金や医事コンピュータシステム会社で働いている調剤薬局事務の給料・年収・初任給は他の社員と同じです。

調剤事務の知識とノウハウを仕事に役立てられれば昇給・昇進の可能性はあります。

調剤事務管理士資格者には医療保険制度や保険調剤点数算定・調剤報酬明細書(レセプト)作成・点検の専門知識とノウハウがあります。

保険調剤点数算定・調剤報酬明細書(レセプト)作成・点検の知識とノウハウを業務の収益に繋げられれば昇給・昇進のかたちで報酬アップに繋がります。

3)就労スタイル

保険薬局・病院・診療所などの医療機関で活躍している調剤薬局事務の給料・年収・初任給は就労スタイルで変わります。

調剤事務管理士の資格を持っている女性の働き方には、フルタイム・パートタイム・アルバイト・派遣社員などがあります。報酬は就労スタイルや勤務時間で変わります。

家事や育児と両立したパートやアルバイトなどの就労スタイルで働いている女性も多いようです。

「がくぶん」の調剤薬局事務の通信講座を受講してJSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士を取得しませんか。

保険調剤点数算定・調剤報酬明細書(レセプト)作成・点検の知識とノウハウを活かして、保険薬局・病院・診療所でパートタイムやアルバイトなどの就労スタイルで働いている女性も多いようです。





調剤薬局事務の求人・職種・勤務先

調剤薬局事務の求人・職種・勤務先は自宅近くにあります。

調剤事務管理士が活躍しているのは保険薬局・病院・診療所などの医療機関をメインにして支払基金や医事コンピュータシステム会社などです。

保険薬局は全国に5万以上、病院・診療所・歯科診療所などの医療機関は18万以上あります。

調剤事務管理士の職場は、保険薬局と調剤をしている病院・診療所にあります。

「がくぶん」の調剤薬局事務の通信講座を利用して調剤事務管理士資格を取得した女性の多くは保険薬局・病院・診療所で働いています。

「がくぶん」の通信教育講座で調剤事務の知識とノウハウを習得しませんか。

「がくぶん」の調剤薬局事務講座はJSMA(技能認定振興協会)の技術認定試験に対応しています。

「がくぶん」の通信教育の調剤薬局事務講座で学べば技能認定試験対策は万全です。

次に、調剤薬局事務の求人・職種・勤務先について紹介します。

1)全国に5万以上の保険薬局

調剤薬局事務の求人・職種・勤務先について考えます。

全国に保険薬局は5万以上あります。

全国に18万以上ある病院・診療所の中には調剤をしている医療機関もあるので、調剤事務管理士資格を取得すれば近所の保険薬局・病院・診療所で働けそうです。

医薬分業で保険調剤をしている病院や診療所は減少しつつありますが、保険薬局の数は増えています。

保険薬局で役立つ知識とノウハウを「がくぶん」の通信教育講座で習得しませんか。

「がくぶん」の通信教育講座を利用して技能認定試験に合格する女性もたくさんいます。

2)病院・診療所の調剤事務管理士

病院や診療所でも調剤事務管理士は活躍しています。

調剤薬局事務の求人・職種・勤務先は調剤をしている病院や診療所にあります。

医薬分業で調剤事務管理士が活躍する病院・診療所は減っていますが、まだまだたくさん残っています。

地方部よりも都市部で医薬分業が進んでいますが、都市部には保険薬局が増加しています。
保険薬局だけの経営維持が困難な地方部では医薬分業が遅れている地域も多いようです。

「がくぶん」の調剤薬局事務講座を利用してJSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士資格を取得しませんか。

3)調剤事務管理士の就業サービス

調剤薬局事務の求人・職種・勤務先をスムーズに選ぶなら「がくぶん」の通信教育講座の受講をおススメします。

「がくぶん」の通信教育の調剤薬局事務講座を利用してJSMA(技能認定振興協会)の技能認定試験に合格すればソラストにスタッフ登録できます。

ソラストは保険薬局・病院・診療所などへの就業サポートに実績がある、医療業務関連の大企業です。

調剤事務資格を取得してソラストにスタッフ登録しませんか。

ソラストにスタッフ登録すれば就業サポートが受けられます。

ソラストの就業サポートは保険薬局・病院・診療所への就活をスムーズにします。

「がくぶん」の調剤薬局事務の通信講座を受講して、JSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士技能認定試験に合格しませんか。

調剤事務管理士になればソラストにスタッフ登録して就業サポートを受けられます。

保険薬局・病院・診療所などの医療機関で働きませんか。






調剤薬局事務の仕事内容

調剤薬局事務の仕事内容は保険薬局で、点数算定やレセプト(調剤報酬明細書)作成・点検をメインとした総務的な仕事になります。

JSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士のサイトや「がくぶん」の調剤薬局事務講座のサイトで覗いてみませんか。

調剤事務管理士が活躍している仕事が紹介してあります。

「がくぶん」の調剤薬局事務の通信講座はJSMA(技能認定振興協会)が認定する講座です。

調剤事務管理士はJSMA(技能認定振興協会)が認定する資格です。

「がくぶん」の調剤事務薬局事務講座を修了すれば取得できます。

「がくぶん」の調剤薬局事務講座で、保険薬局の調剤事務スタッフとして必要な知識とノウハウを習得して資格を取得しませんか。

JSMA(技能認定振興協会)が認定する調剤事務管理士、医師・看護師・介護士のような公的資格ではありませんが調剤事務管理士として必要な知識とノウハウを証明します。

次に、調剤薬局事務の仕事内容について紹介します。

1)保険薬局での仕事

JSMA(技能認定振興協会)認定の調剤事務管理士資格を取得した人の調剤薬局事務の仕事内容は、保険調剤点数算定やレセプト(調剤報酬明細書)作成&点検をメインにした総務的な内容になります。

勤務スタイルは保険薬局の規模やスタッフ数で異なります。

保険薬局で働いている調剤事務管理士の仕事は保険調剤点数算定や調剤報酬明細書(レセプト)作成&点検だけではありません。

調剤受付・調剤費会計・患者接遇・処方箋管理・備品管理・電話応対などもあります。

「がくぶん」の通信教育の調剤事務薬局事務講座を受講して、保険薬局で活躍できる知識とノウハウを習得しませんか。

2)調剤事務管理士の仕事先

調剤事務管理士の仕事先は保険薬局だけではありません。

保険調剤を行っている病院や診療所などの医療機関もあります。

保険薬局や病院・診療所で活躍している調剤薬局事務の仕事内容はいろいろあります。

病院や診療所でも、他の事務スタッフと一緒に調剤受付・調剤費会計・患者接遇・処方箋管理・備品管理・電話応対を行いながら、保険調剤点数算定やレセプト(調剤報酬明細書)作成&点検の仕事も処理しなければなりません。

保険薬局や病院・診療所での仕事が速やかに処理できるためには、「がくぶん」の調剤薬局事務講座で調剤事務の知識とノウハウをシッカリと習得することです。

3)スタッフ登録すれば有利

「がくぶん」の通信教育の調剤薬局事務講座で、保険点数算定やレセプト(調剤報酬明細書)の知識とノウハウをシッカリと学んでください。

調剤薬局事務の仕事内容をシッカリ学んで調剤薬局事務士技能認定試験に合格すればソラストにスタッフ登録できます。

ソラストにスタッフ登録すれば、病院・診療所・保険薬局への就業サポートが受けられます。

「がくぶん」の通信教育の調剤薬局事務講座は、JSMA(技能認定振興協会)の調剤薬局事務士技能認定試験に対応した内容になっています。

試験に合格してソラストにスタッフ登録して就業サポートを受けませんか。

「がくぶん」の調剤薬局事務の通信講座は、JSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士技能認定試験に対応しています。

「がくぶん」の調剤薬局事務講座を修了して試験に合格すればソラストにスタッフ登録して就業サポートを受けられます。

保険薬局・病院・診療所では、保険調剤点数算定やレセプト(調剤報酬明細書)作成&点検をメインにした総務的な仕事をします。