<< 調剤薬局事務の通信講座 | main |

スポンサーサイト

  • 2016.03.19 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


調剤薬局事務と医療事務の違い

調剤薬局事務と医療事務の違いは技能認定試験と受講する通信教育校講座になります。

点数算定や作成と点検をするレセプトも異なります。

JSMA(技能認定振興協会)のサイトを覗いてみませんか。

医療事務管理士(医科・歯科)と調剤事務管理士の認定資格が紹介してあります。

「がくぶん」には医療事務講座と調剤薬局事務の通信講座があります。

医療事務管理士のメインの職場は病院・診療所・歯科診療所になります。

調剤事務管理士のメインの職場は保険薬局と調剤をしている病院・診療所になります。

医療事務管理士資格者の仕事は、保険診療点数算定・診療報酬明細書(レセプト)の作成&点検をメインにした総務的な事務仕事になります。

調剤事務管理士資格者の仕事は、保険調剤点数算定・調剤報酬明細書の作成&点検メインにした事務仕事です。

次に、調剤薬局事務と医療事務の違いの紹介をします。

1)「がくぶん」の調剤薬局事務講座

調剤薬局事務と医療事務の違いを紹介します。

「がくぶん」の通信教育講座には調剤薬局事務講座と医療事務講座があります。

「がくぶん」の調剤薬局事務講座を受講してJSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士技能認定の学科試験と実技試験に合格すれば調剤事務管理士として認められます。

調剤事務管理士になればソラストにスタッフ登録ができます。

「がくぶん」の調剤薬局事務講座の標準受講期間は約3ヶ月です。

標準受講期間の3ヶ月を超えても受講できるので家事や育児に忙しい女性でも通信教育講座を進められます。

2)「がくぶん」の医療事務講座

調剤薬局事務と医療事務の違いを紹介します。

「がくぶん」の医療事務講座を受講してJSMA(技能認定振興協会)の医療事務管理士技能認定の学科試験と実技試験に合格すれば医療事務管理士として認められます。

医療事務管理士になればソラストにスタッフ登録ができます。

「がくぶん」の医療事務管理士の標準受講期間は約6ヶ月です。

標準受講期間の6ヶ月で多くの受講生は医療事務管理士になります。

3)合格率の違い

JSMA(技能認定振興協会)で紹介して、調剤薬局事務と医療事務の合格率の違いを紹介します。

JSMA(技能認定振興協会)の医療事務管理士(医科・歯科)の合格率は50%程度です。

技能認定は学科試験と実技試験が行われます。

JSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士技能認定試験の合格率は60%程度です。

技能認定は学科試験と実技試験が行われます。

「がくぶん」の医療事務講座と調剤薬局事務の通信講座を受講しませんか。

「がくぶん」の通信教育講座を受講すれば、JSMA(技能認定振興協会)の調剤事務管理士技能認定の学科試験と実技試験をスムーズにクリアできます。

医療事務管理士の勤務先は病院・診療所で調剤事務管理士の勤務先は保険薬局・病院・診療所になります。





スポンサーサイト

  • 2016.03.19 Saturday
  • -
  • 21:31
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク